2017年11月25日 (土)

お届けシュトレン

1123f

今年はシュトレンを18本焼いて、宅配便でお届けしました。

我が家のオーブンで1度に焼けるのは6本なので、6本分ずつ生地をこねました。

6本分で生地の総重量はおよそ2.3キロ。これを手でこねたので、けっこう疲れました。

1123a

クランベリーはラトビア産の手摘みを使いました。粒が大きく色が綺麗でオイルコーティングされていないので、そのまま使えます。ピスタチオのグリーンにもこだわりました。

1123b

フルーツ生地の上を白生地でくるみます。

1123c

焼きあがったらすぐバターを塗って染み込ませます。

シュトレンには卵黄だけ使うので、残った卵白は、クロッカンというお菓子にしてプレゼント。ピーカンナッツをいれて、香ばしく焼き上げました。

1123d

シュトレンは焼いた当日にきび砂糖でコーティングして、翌日に粉砂糖をまぶしてラップで包んで完成です。

1123e

こんな風に箱詰めして、発送しました。お一人様ひとつずつ鈴をつけて、クリスマスのトナカイのそりの鈴の音をイメージしてもらえたら、という願いをこめて。

1123ee

今日届いた方々からは、クロッカンのプレゼントも好評でした。シュトレンの断面の彩が綺麗で素敵!と言われて、こだわった甲斐があって嬉しかったです。

明日届く方々にも喜んでもらえますように。

2017年11月18日 (土)

秋の夜景撮影

今日は会社帰りに六本木ミッドタウンと、神宮外苑で夜景撮影してきました。ミッドタウンは樹々の間から見える東京タワーの写真が気に入ってます。神宮外苑は良い写真が撮れなかったけど、黄金色の銀杏並木が綺麗でした。

1117aa

1117a

1117b

1117d

1117c

1117e

1117f

1117g

1117h

1117i

1117j

1117k

2017年11月11日 (土)

シュトレン販売のお知らせ

1111a_2

今年はシュトレンを沢山作って販売することにしました。

私のシュトレンの特徴は、スパイスもマジパンも使わないので、とても食べやすい味です。
ドライフルーツのラム酒漬けと、ピーカンナッツが入って、色どりに少量のピスタチオを加えて焼き上げます。興味のある方は、メールにてお問い合わせくださいませ。

1111b

2017年10月28日 (土)

シュトレンレッスン2017

2014年のシュトレンレッスンに来てくださった生徒さんから、リピートレッスンのリクエストがあり、本日、試作しました。

レシピは前回とベースは同じですが、今回は、ピスタチオとラトビア産のクランベリーを加えて、綺麗な赤と緑が出るようにしました。

今年も美味しくできました♪一人で作るのはハードル高くても、皆とわいわい作ると、意外に簡単だと思いますよ~。レッスンに興味のある方はメールくださいね。

1028b

1028a

2017年10月15日 (日)

東京銀座フォワグラ

昨日は、東京銀座フォワグラで誕生日ディナーでした。

お店のコンセプトはフォワグラをいかに美味しく食べてもらえるか。

夫が会社の人に連れていってもらって見つけたそうで、とても小さな目立たない店構えなので、通りすがりでは気が付かないお店です。

まずは、オマール海老のサラダ。海老好きなので、嬉しい。

1014a

パン。雑穀のプチプチ感が美味しいです。

1014b

西京味噌につけたフォワグラと雑穀米。お味噌がよく合うんだな~と驚き。美味しかった。

1014c

牛ハラミとフォワグラのステーキ。ハラミがほどよい焼き加減で美味しかった。

1014d

牛ヒレ肉と、フォワグラのロッシーニ。トリュフをかけた贅沢なお料理。ヒレが柔らかく、フォワグラと一緒に食べると、とろける美味しさです。

1014e

締めは、フォワグラの卵かけごはん。卵はふわふわで、だしの餡をかけて、柚子胡椒をつけていただきます。これも美味しかったです。

1014f

フォワグラ沢山食べても、重くないです。どれも美味しくいただきました。

«ロールパン